日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎ICUでの抗菌薬の適正使用を考える
小児重症感染症へのTAZ/PIPC投与はAKIリスクを上げる?

2019/11/28
西村尚子=サイエンスライター

 最近、小児の重症感染症に対するβラクタム系抗菌薬であるタゾバクタム/ピペラシリン合剤(TAZ/PIPC)の投与について、「他のβラクタム系抗菌薬(APBL)よりも急性腎障害(AKI)のリスクが高まる」という論文が米国から報告された。TAZ/PIPC単独投与によるAKIリスクはこれまでほとんど指摘されていないが、バンコマイシンと併用しなくてもAKIリスクは上がるのだろうか。


この記事を読んでいる人におすすめ