日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎AFIRE試験を率いた小川久雄氏・安田聡氏に聞く
「NEJMに論文を出す」研究者としての夢を実現
欧州心臓病学会での発表がNEJM同時掲載に

「NEJMに論文を出す」研究者としての夢を実現の画像

 今年8月にパリで開催された欧州心臓病学会会議(ESC2019)で、日本からの発表が話題を呼んだ。心房細動(AF)を合併した安定冠動脈疾患(CAD)に対する抗血栓療法は、経口抗凝固薬1剤で済むことを示したAFIRE試験だ。発表に合わせ、The New England Journal of Medicineの論文が公開された。日本で行われた大規模なランダム化比較試験(RCT)がNEJMに掲載されるのは、これが初めてという。試験を率いた小川久雄氏(国立循環器病研究センター理事長)と、主任研究者を引き継いで結果を発表した安田聡氏(同センター副院長・心臓血管内科部門長)に話を聞いた。

この記事を読んでいる人におすすめ