下肢静脈瘤に対する新しい治療法が、近く我が国でも行えるようになる。いわゆる瞬間接着剤をカテーテル操作で静脈内に注入し、血管を閉塞させ逆流を止めようというもので、接着剤を意味する英単語glueから「グルー治療」とも呼ばれる。現在の標準治療である血管内焼灼術よりも低侵襲で、成績は同等との触れ込みだ。

下肢静脈瘤を瞬間接着剤で低侵襲に治療するの画像

ログインして全文を読む