乳癌術後の乳房再建用に国内で広く使用されていた人工乳房(インプラント)。今年7月、悪性リンパ腫の発生を理由に自主回収(リコール)の事態となり、乳房再建の途上でハシゴをはずされた格好の患者や再建を前提に乳房全摘術に同意していた患者の間に動揺が広がっている。今回の回収事件は、1社のみに依存していた日本における乳房再建医療の脆弱性を明らかにした。 宙に浮いた乳房再建の待機患者は3000人超の画像

ログインして全文を読む