日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎国内臨床研究でエビデンス、治験もスタート
近視進行抑制にアトロピン点眼、注目集まる
屋外活動で「バイオレットライト」を浴びるのも有効か

近視進行抑制にアトロピン点眼、注目集まるの画像

 0.01%アトロピン点眼は、プラセボ点眼と比べて、日本人学童の近視の進行を有意に抑制した――。2年間にわたる「近視学童における0.01%アトロピン点眼剤の近視進行抑制効果に関する研究(ATOM-J Study)」(責任医師:京都府立医科大学特任講座感覚器未来医療学教授の木下茂氏)の結果が、このほど公表された。

 ATOM-J Studyは、多施設共同の無作為化二重盲検プラセボ対象並行群間比較試験。6~12歳の学童を、0.01%アトロピン1回/日点眼群(84人)とプラセボ1回/日点眼コントロール群(84人)に分けて、1日1回点眼し、24カ月後の屈折値変化を比較した。その結果、屈折値変化はそれぞれ-1.26D、-1.48Dで、両群間には有意差(P<0.001)を認めた。

 臨床研究に携わった京都府立医科大学眼科学講師の稗田牧氏は、「近視人口は増加し続けている。近視の進行抑制法には幾つかあるが、いずれも高いレベルのエビデンスがほとんどない。今回、多施設共同の無作為化二重盲検プラセボ対象並行群間比較試験で、0.01%アトロピン点眼による近視の進行抑制効果が示せたのは大きな成果だ」と説明する。

この記事を読んでいる人におすすめ