日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎腫瘍と消化管の間にスペーサーを入れて十分量の粒子線を照射
外科医と放射線治療医のタッグで挑む新・癌治療
小児癌と骨軟部腫瘍を対象に始動、将来は肝胆膵癌にも

外科医と放射線治療医のタッグで挑む新・癌治療の画像

 限局性の癌だから切除できれば治癒が得られる可能性が高いのに、癌が血管を巻き込んでしまっていて切除できない。かといって放射線治療をしようにも患部のすぐ横には消化管があり、消化管穿孔などの合併症が危惧されて十分な照射もできない。外科医は切除できずに、放射線腫瘍医も照射できずに思い悩む。薬物治療はないこともないが、まだまだ十分な効果が得られるとは言いがたい──。

この記事を読んでいる人におすすめ