遺伝性疾患において、標的遺伝子を改変することで根治を目指す「ゲノム編集治療」が注目されている。この分野の第一人者である自治医科大学先端医療技術開発センター長の花園豊氏は、「早老症やハンチントン病だけでなく、筋ジストロフィーさえも根治的治療が実現できるかもしれない」とみる。その鍵を握るのが、日本発の技術開発だ。

ゲノム編集で遺伝性疾患の根治的治療が視野にの画像

ログインして全文を読む