患者がタブレット端末を用いて症状などに関する質問に回答していくと、人工知能AI)が問診内容を文章にまとめて医師のパソコン上に出力し、疑い病名もリストアップする――。既に100以上の医療機関で導入されているAI問診Ubie」は、予備問診の時間や手間を軽減することで、人手不足働き方改革の間で揺れる医療現場を救う切り札となるのだろうか。

AI問診は外来の人手不足の救世主となるか?の画像

ログインして全文を読む