耳鳴に関する日本初の診療ガイドラインとして、日本聴覚医学会は今年5月、『耳鳴診療ガイドライン2019年版』を発行した。耳鳴を訴える患者は、高齢化やストレス社会を背景に増加の一途をたどっている。ガイドラインを取りまとめた慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科教授の小川郁氏に、耳鳴患者への対応法を聞いた(文中敬称略)。

耳鳴は難聴の代償反応、治療は脳リハでの画像

ログインして全文を読む