研修医には「6月危機」が存在する。初期研修医の支援に携わるベテラン医師の多くが、6月になるとメンタル不調に陥る研修医が目立ってくると証言する。これを裏付けるデータもある。日本の研修医1236人を対象に行った研究では、1年目研修医の19.6%、実に5人に1人が研修開始3カ月後に抑うつ状態を呈していたことが報告されている。

あなたは「6月危機」に陥った研修医を救えるかの画像

ログインして全文を読む