ほとんどの医療機関は、患者入院時に身元保証人や身元引受人のサインを求めていることだろう。しかし、1人暮らしで親族がいない人の増加に伴い、対応に苦慮する場面が増えてきているようだ。このほど厚生労働省は、身寄りがいない人の入院時には、成年後見人や行政との連携を強めて対応するべきとしたガイドラインを取りまとめた。

入院時の「身元保証人」、本当に必要ですか?の画像

ログインして全文を読む