令和時代の高血圧治療の基本となる「高血圧治療ガイドライン2019JSH2019)」が、4月25日に刊行された。5年ぶりの改訂となった新ガイドラインの最大の特徴は、高血圧基準値140/90mmHgに維持しつつも、大部分の患者に対して降圧目標130/80mmHg未満へと強化したことだ。5月11~12日に福岡県久留米市で開催された第8回臨床高血圧フォーラムでは、「JSH2019を極める」と題された5つのセッションが開催された。登壇した専門家のコメントを交えつつ、改訂のポイントを紹介する。

厳格降圧時代の新・高血圧ガイドラインの勘所の画像

ログインして全文を読む