中枢挿入式や末梢挿入式の中心静脈カテーテルを留置するため静脈に穿刺する際、これまでは指で解剖学的に静脈を探し当てて穿刺してきたが、この方法は熟練が必要で、時に合併症を引き起こしてしまうリスクがあるし、鎖骨下穿刺や内頸静脈穿刺に伴う医療事故も問題になった。

これ、いいね!プローブと画面が一体型のエコーの画像

ログインして全文を読む