厚生労働省は4月24日に「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」を開催した。同検討会では、オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直し案が提示され、大筋で合意を得た。
 見直し案では、患者のそばに主治医がいる状態で専門医など別の医師がオンライン診療を行う場合は、「原則対面」とするオンライン診療の初診の扱いの対象外とすること、オンライン診療を実施する医師には研修受講を義務づけることなどが追加された。
 また、オンライン診療における禁煙外来と緊急避妊について、治療によるリスクが極めて低いものに限り、「患者側の利益と不利益を十分に勘案した上で、直接の対面診療を組み合わせないオンライン診療を行うことが許容され得る」という記載が盛り込まれた。

オンライン診療の指針見直し案が公表の画像

ログインして全文を読む