急性心筋梗塞(AMI)や劇症型心筋炎などで心原性ショックに至った症例に対し、経皮的に左心室に挿入して使用するカテーテル型の循環補助用ポンプ(製品名インペラ)が注目されている。時間をかけずに留置でき、全身の血行動態の改善だけでなく心負荷の軽減も得られるのが特徴だ。このデバイスが普及すれば、心原性ショック症例の救命率向上が期待できる。

カテーテル型の補助人工心臓に普及の兆しの画像

ログインして全文を読む