2014年に発生した造影剤ウログラフインの誤投与による死亡事故は、医療の安全確保や刑事事件化の是非など、大きな議論を巻き起こした。その後、同剤を製造・販売するバイエル薬品はラベルに記載する注意書きを目立たせるなどの措置を講じたが、これらの対応では不十分だとし、重大事故の再発を懸念する声は少なくない。一部の学会から販売中止が勧告されているにもかかわらず、ウログラフインがいまだに使われ続けている理由を探ると、現場の様々な事情が見えてくる。

死亡事故から5年、ウログラフインが依然使われ続ける理由の画像

ログインして全文を読む