大阪府が搬送困難事例解消のために導入した救急搬送支援システム「ORION」。消防隊が救急搬送時に入力した情報だけでなく、搬送後に医師が診療した情報を加えているのが大きな特徴だ。事後の検証を行うことで、搬送困難事例が大幅に減少した医療圏も出てきている。

導入から4年、大阪府「ORION」の効果は?の画像

ログインして全文を読む