クローン病や潰瘍性大腸炎に代表される炎症性腸疾患(IBD)の疾患活動性を確実に評価するには従来、侵襲性の高い大腸内視鏡検査を行うしかなかった。しかし今年8月、血液検査で腸管粘膜の炎症の度合いを把握できる新たなバイオマーカーが登場。検査のハードルが下がり、受診当日に結果が得られるため、IBDの診療を大きく変える可能性を秘めている。

CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療の画像

ログインして全文を読む