今回は、「心不全緩和ケアは普及期に入った」という共通認識のもと、循環器医が取り組むべきなのは「症状緩和」と「意思決定支援」であることが確認されました。

循環器医に求められる症状緩和と意思決定支援の画像

ログインして全文を読む