夏から冬にかけて収縮期血圧(SBP)が10mmHg以上、拡張期血圧(DBP)が5mmHg以上上昇する患者は、心血管イベントリスクが2倍になる――。夏に血圧が上がるような逆の変動を示す患者も、血圧の絶対値とは独立に高リスクであることが、国内の大規模介入試験のサブ解析から示された。患者ごとに血圧季節変動性とその原因を見極めて、季節ごとに降圧薬処方を調整するなどの個別化医療が重要になる。

冬に10mmHg上がる人は心血管リスクが2倍にの画像

ログインして全文を読む