日本呼吸器学会は、『咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019』のパブリックコメントを募集中だ(日本呼吸器学会の関連サイト)。このガイドラインは、2012年に発行された『咳嗽に関するガイドライン第2版』の改訂版。今回、新たに喀痰に関する記載を盛り込み、咳嗽や喀痰を生じる疾患について網羅性の高い解説を加える。ガイドライン作成委員会委員長を務めている長崎大学呼吸器内科学教授の迎寛氏と、事務局を務める、同准教授の尾長谷靖氏に改訂のポイントを聞いた。

咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬をの画像

ログインして全文を読む