ICU(集中治療室)患者の予後を悪化させる、せん妄。その予防の鍵は、ICU在室時の睡眠の質にあることが分かってきた。自治医科大学附属さいたま医療センターは、医師による薬学的介入と、看護師や理学療法士が中心となって行う非薬学的介入を組み合わせた睡眠促進バンドルを作成し、チーム一丸となってせん妄根絶に挑んでいる。

せん妄予防の鍵はICU在室中の睡眠の質にありの画像

ログインして全文を読む