日ごろ診ている患者の中に、「かぜを引いた後に咳と痰が長引く」という患者はいないだろうか。これは、ただの感染後咳嗽ではなく、「軽症の気管支拡張症」によるものかもしれない。気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)との誤診も少なくない。「気管支拡張症=重症で予後不良」とのイメージを改める必要がある。

繰り返す咳・痰に隠れる「軽症の気管支拡張症」の画像

ログインして全文を読む