日経メディカルのロゴ画像

リポート◎適応時間内に血栓回収療法を行う2つのストラテジー
ドリップ・シップ・リトリーブで脳梗塞を救え
迅速な直接搬送を可能にする病型判別アプリも

 脳梗塞急性期の治療法として近年普及しつつある血栓回収療法。早期の血管再開通で劇的な予後改善が期待できるが、適応時間や施行できる施設は限られている。この課題を解決するため、ドリップ・シップ・リトリーブと呼ばれる連携やアプリの開発が進み、血栓回収療法の恩恵を受けられる患者が増えてきた。


この記事を読んでいる人におすすめ