これは、ある呼吸器外科医B氏がかつて経験した話だ。

 15年ほど前のある日、B氏の自宅に知らない業者から封筒が届いた。開けると、高校3年生になるB氏の息子について、名門私立大学医学部の裏口入学を斡旋するということが書かれていた。

 業者は「大学の公認を受けた組織」を名乗っていた。「詳しい文面までは覚えていませんが、『大学の意向で、優秀な学生を優先して集めている』といった内容でした」(B氏)。

裏口入学の斡旋を「無視してよかった」の画像

ログインして全文を読む