千葉医療圏では2017年8月、搬送先が決まらない「搬送困難事例」を特定の3病院に搬送する仕組みをスタートさせた。搬送困難事例は一時的に減ったものの、再び増加。1年たたずに現場の負担は限界に達し、仕組みは事実上崩壊した。

千葉医療圏の「搬送困難例」が解消できないワケの画像

ログインして全文を読む