夜中に発熱。翌朝まで待つのも不安――。そんな患者の気持ちに応える夜間休日往診サービスが都市部で登場してきている。過剰医療につながるとの指摘もあるが、サービス提供者は軽症患者の救急受診抑制やかかりつけ医機能の強化などの目的を強調する。

都市部で続々立ち上がる夜間休日往診サービスの画像

ログインして全文を読む