昨年の医療法改正で、医療機関のウェブサイトが広告規制の対象となった。今年6月には厚生労働省の「医療広告ガイドライン」の運用が開始。8月10日には運用の詳細を記したQ&Aも公表され、医療機関は対応に追われている。中には、同省の「ネットパトロール」で是正を勧告されたケースもあり、ガイドラインの内容を的確に理解した上での対処が求められる。

病医院サイトの記載は「3つのNG」に要注意の画像

ログインして全文を読む