カテーテルを使って不全心筋に直接遺伝子を注入して、心筋梗塞や重症心不全を治す──。こんな侵襲性の低い再生医療技術を開発しているのが、筑波大学循環器内科学教授の家田真樹氏だ。iPS細胞などの多能性幹細胞を用いず培養・分化の手間も不要。今後、再生医療の基幹技術の1つになる可能性を秘める。

カテーテルで遺伝子を注入し心筋を再生させるの画像

ログインして全文を読む