世界初のiPS細胞移植手術を実現に導いた理研プロジェクトリーダーで眼科医の高橋政代氏に、いかに腫瘍化のリスクを避け、シャーレ内の技術を臨床まで発展させたか、眼科領域で再生医療が今後どう関わるかを聞いた。

「来年は視細胞移植の実施を計画しています」の画像

ログインして全文を読む