京都大学教授の山中伸弥氏が、2007年にヒトiPS細胞の樹立に成功してから10年余り。皮膚や血液由来のiPS細胞を、体を構成する様々な種類の細胞に分化させる技術も確立し、加齢黄斑変性患者に対する移植手術が実施されたことは記憶に新しい。心臓など他臓器への臨床研究も始まったが、腫瘍化の懸念は克服できるか。

健常ドナー由来のiPS細胞治療は成功するか?の画像

ログインして全文を読む