6月22〜26日、フロリダ州オーランドで第78回米国糖尿病学会学術集会(ADA2018)が開催された。今学会で大きなトピックとなったのが、ADAと欧州糖尿病学会(EASD)が共同で編集する「2型糖尿病の高血糖管理に関するコンセンサスレポート2018」の草案の発表だった。同レポートは薬物療法に関するADAの診療ガイドラインといってよく、その改訂案が初公開されることから、会場は立ち見を含めた参加者で満員になった。パブリックコメントを求めた上で、今年10月のEASDで正式版が発表される。

米国糖尿病学会が薬物治療ガイドライン改訂案の画像

ログインして全文を読む