静脈に投与すれば梗塞部位に集積し心筋梗塞を治す──。そんなユニークな幹細胞による再生医療が実現に向けて動き出した。東北大学大学院医学研究科教授の出澤真里氏らの研究を応用したもので、今年1月に(株)生命科学インスティテュートが細胞製剤の臨床試験を開始。急性心筋梗塞の適応で2021年の上市を目指す。その幹細胞とは、Muse細胞と呼ばれるもの。

静脈投与で梗塞巣の再生を促すユニークな幹細胞の画像

ログインして全文を読む