全世界で年間65万件と、今や上部消化管領域で最も多い手術になった肥満手術。術前に比べ30%程度の大幅な体重減少だけでなく、合併する糖尿病の寛解も期待できることから、代謝性疾患の外科治療(メタボリックサージェリー)としても注目されている。手術件数が年間200件前後だった我が国でも、ここにきて普及の兆しが見えてきた。

手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解の画像

ログインして全文を読む