5月半ばから、日本専門医機構の内部資料とみられる大量の文書が流出している。「専門医機構のガバナンス破綻」を告発する手紙ともに各方面に送付されたもので、「会議後回収」と記された資料をはじめ、議事録や音声ファイル、様々な団体からの要望書なども含まれている。編集部ではその一部を入手、現在、確認作業を進めている。日本専門医機構はいまだ取材に応じていないが、幹部の1人によると機構も資料が流出した事実は把握しているという。

専門医機構の内部資料が流出の画像

ログインして全文を読む