日経メディカルのロゴ画像

リポート◎リキッドバイオプシーは癌検診を変えるか
「血液1滴で癌が分かる」の理想と現実
先行するアミノインデックス、エクソソームの実力を探る

「血液1滴で癌が分かる」の理想と現実の画像

 癌根治の決め手となるのは早期診断だが、日本の癌検診受診率は50%を割り込み低迷している。近年、血液や尿、唾液などの体液を用いるリキッドバイオプシーと呼ばれる診断法の開発が進み、癌検診への導入も期待されている。感度・特異度や癌発見率、費用対効果はどうなのか、その実力を探った。

この記事を読んでいる人におすすめ