日経メディカルのロゴ画像

リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法
脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける
脳アミロイドアンギオパチーによる微小出血がリスク

 薬剤用量の調整が容易で副作用による脳内出血が少ない非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)が登場し、高齢者への処方が広がる抗凝固療法。だが、高齢になるほど脳血管の脆弱性が高まる「脳アミロイドアンギオパチー」の患者が多く存在することが明らかになってきた。出血リスクの高い人を厳密に拾い上げるためにも抗凝固療法を導入する前には、脳画像検査を実施したい。


この記事を読んでいる人におすすめ