日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎C型非代償性肝硬変でも抗ウイルス薬投与を可能に
期待高まる肝硬変治療薬、開発が次のステージへ

 C型肝炎ウイルスHCV)由来の肝硬変を対象に、線維化を改善する治療薬の開発が進んでいる。フェーズI試験では、3カ月の薬剤投与終了後、C型非代償性肝硬変だった7例中4例が代償性に改善した。次相ではHCV由来以外の肝硬変や持続的ウイルス陰性化(SVR)後の肝硬変患者を加えて有効性と安全性を確認し、2023年ごろまでに実用化を目指すという。


この記事を読んでいる人におすすめ