日経メディカルのロゴ画像

寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》
来シーズンには新機序の抗インフル薬登場

2017/12/17
河合 直樹 河合内科医院(岐阜市)院長、日本臨床内科医会インフルエンザ研究班班長
池松 秀之 日本臨床内科医会インフルエンザ研究班リサーチディレクター
柏木 征三郎 日本臨床内科医会インフルエンザ研究班顧問

NA阻害薬治療の現況

 図6に、細胞内におけるウイルスの増殖過程と種々の抗インフルエンザ薬の作用点を示す。このうち現在使われているのは、増殖したウイルスが細胞から遊離するのを阻害するNA阻害薬だ。内服薬のオセルタミビル(タミフル)、吸入薬のザナミビル(リレンザ)とラニナミビル(イナビル)、注射薬のペラミビル(ラピアクタ)の4剤である。これらは有効性、安全性に大差ないため、患者の年齢や全身状態を勘案して選択されている。

この記事を読んでいる人におすすめ