米国では近年、安定狭心症に対する経皮的冠動脈インターベンション治療(PCI)の施行数が急減した。循環器関連学会がPCI適応の「適切性基準(AUC:Appropriate Use Criteria)」を策定、同基準で「不適切」と判定される症例へのPCIの減少が、全体を押し下げた。我が国でも学会主導でPCIの標準化が動き出しており、今後の施行件数の変化が注目される。

その安定狭心症へのPCI、適切ですかの画像

ログインして全文を読む