9月1日、関節リウマチの新薬として、国内2剤目のヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬バリシチニブ(商品名オルミエント)が発売された。1日1回投与の経口薬で、国際共同治験ではRAの基本治療薬であるメトトレキサート(MTX)を上回る治療効果が得られており、RAの治療戦略にも影響を与えそうだ。

第2のJAK阻害薬バリシチニブの実力は?の画像

ログインして全文を読む