抗精神病薬オランザピンのうち、ジプレキサ(商品名、日本イーライリリー)が、抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心嘔吐)に対して利用可能となった。

癌化学療法に伴う悪心嘔吐予防に“新顔”登場の画像

ログインして全文を読む