日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎亜鉛製剤ノベルジンが低亜鉛血症の効能追加
慢性肝疾患では血中亜鉛濃度に要注意

 今年3月、亜鉛製剤ノベルジン(酢酸亜鉛水和物、カプセルおよび錠剤、25mgと50mg)に低亜鉛血症の適応追加が認められた。低亜鉛血症は、慢性肝疾患患者や出生時低体重や特定の遺伝子変異を持つ母親の母乳で育った乳児などに起こりやすいが、大半が見逃されている可能性が指摘されている。


この記事を読んでいる人におすすめ