2016年12月、日本臨床腫瘍学会は日本がん免疫学会、日本臨床免疫学会の協力を得て「がん免疫療法ガイドライン」を刊行した。ガイドラインの作成を主導したワーキンググループ長の和歌山県立医科大学内科学第三講座(呼吸器内科・腫瘍内科)教授の山本信之氏に、ガイドラインに込めた考えなどを聞いた。

手のひら返しをしてでも免疫療法に注目するワケの画像

ログインして全文を読む