日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を
「認知症の診断=絶望」としないために
若年性アルツハイマー病当事者の丹野智文氏に聞く

 39歳のときに若年性アルツハイマー病と診断された丹野氏は、現在、認知症当事者として、認知症への誤解払拭のため積極的に活動している。そんな丹野氏に、告知の在り方、認知症当事者が必要とする支援、認知症と診断された場合に運転免許更新を認めない「改正道路交通法」などについて思うことを聞いた(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ