日経メディカルのロゴ画像

リポート◎関節リウマチの早期診断・寛解判定の切り札
関節エコーがリウマチ診断の迷いを救う

2017/01/26
塚崎 朝子=ジャーナリスト

 関節リウマチ(RA)の寛解率向上には早期治療が重要だが、その早期診断は非専門医にとって難所であり、専門医でも判断に迷う例が少なくない。そんな医師の救いの手となるのが、小型化や性能向上が進み一段と使いやすくなった超音波診断装置エコー)。日本リウマチ学会などの主導で、関節エコーにより早期の正確なRA診断をつけようという取り組みが広がっている。


この記事を読んでいる人におすすめ