日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎広がる腸内細菌の解析・介入研究
腸内細菌療法で神経難病や動脈硬化も改善!?
潰瘍性大腸炎では抗菌薬併用の糞便移植が効果

 近年、特定の腸内細菌の存在や腸内細菌叢の偏りをターゲットと捉え、細菌叢への介入によって疾患の治療や予防を図ろうとする「腸内細菌療法」の試みが盛んになってきた。潰瘍性大腸炎クローン病などの消化管疾患に加え、神経難病や冠動脈疾患でも腸内細菌に着目した研究が進められている。


この記事を読んでいる人におすすめ