従来の酸素療法では治療効果が不十分。しかし、次の治療ステップである非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)は患者に拒否されてしまう――。現場の呼吸管理でしばしば遭遇するこんな困ったケースに対応できる新しい手段として、ここ数年で急速に広がっているのがハイフローセラピーだ。従来の酸素療法と比較して高精度な呼吸管理が行える上、飲食やコミュニケーションが可能でQOLが維持できる。呼吸管理における位置づけはまだ定まっていないが、恩恵を受ける患者は増えている。

呼吸管理の“空白”を埋めるハイフローセラピーの画像

ログインして全文を読む