日経メディカルのロゴ画像

リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは?
難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す
自己血由来の濃縮血小板は増殖因子のカクテル

2016/12/02
武田 京子=医学ライター
難治性皮膚潰瘍を再生医療で治すの画像

 糖尿病や閉塞性動脈硬化症などに伴う難治性皮膚潰瘍に対し、多血小板血漿(platelet-rich plasma:PRP)を用いた再生医療が成果を上げている。聖マリアンナ医科大学病院では先進医療として実施、入院や手術で治癒しなかった幾つもの潰瘍を上皮化させた。普及への鍵はいかに適切にPRPを調製するかだ。

この記事を読んでいる人におすすめ