金沢赤十字病院副院長の西村元一氏は昨年3月、診療中に突然の下血と軽いショック症状に襲われた。精査の結果、胃の噴門部にステージ4の腫瘍が見つかり、食道、横隔膜浸潤、膵浸潤疑い、小弯側に腫大リンパ節が複数個、さらに肝転移が認められ、「治療をしなければ余命は半年」と宣告を受けた。大腸癌の専門医から胃癌患者という立場になった西村氏に、自分が治療を受ける立場になって気付いた点を聞いた。

癌の治療法を患者に選ばせるのは間違っているの画像

ログインして全文を読む